So-net無料ブログ作成
想い いろいろ ブログトップ
前の5件 | -

笑顔で… [想い いろいろ]

   
     誕生日が同じなので

     どうしても気になってしまい…

     小さいころから見ていた

     妹のような…

     娘のような…

     浅田真央。



     日本中の…

     世界中の期待を背負って

     リンクに立つ。


     支えてくれた周りの人たちへの…


     「私なりの恩返し」



     涙をつばさに代えて…

     笑顔で…。



2013-2-10-5.jpg



     3月から始まるバースデー・リクエストライヴツアー。

     いつも支えてくれているファンのみんなに、

     私がお返しできるのは唄うこと。


     みんなが今聴きたいと思っているリクエストを訊いて

     唄ってあげることが…


     「みんなへの恩返し」



     見守る人たちの夢を背負って

     ステージに立つ。



     どうか笑顔で…

     笑顔で。



無題90.png



nice!(61)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2月17日 [想い いろいろ]

2月17日は、父の命日。

今日、ひと足先に一人で墓参りに。

もう30年近く前、自分が大学3年の時。
職場で倒れ、そのまま帰らぬ人に…。

中退して働かなくては…と一時は覚悟したけれど、
4年まで通わせてくれた母に感謝。

野球、サッカー、スケート、スキー、水泳、登山、釣り等々。
小さいころから色々なことをやらせてくれた父。

特に登山に至っては熱心で、中学の時に八ヶ岳、白馬に、
高校になってから穂高に登らされた。

八ヶ岳では、帰ってから私が高熱を出して寝込み、
白馬では山小屋が見つからず遭難しかかり、
母から何度もこっぴどく怒られたらしい…。

後年、登山を趣味としている人に登った山のことを話すと、
とんでもない名峰に登っていたことを知り、恐縮…。

他にも父に仕込まれた趣味や遊びが、
大人になってから役立っていることが多い。

ひとつ心残りなのが、一緒に酒を飲めなかったこと。
酒豪だった父の血筋を引いているためか、自分も…。
どちらがいつまで飲めるか…
一緒に飲み明かしたかった。

今日、墓の前で缶ビールを一緒に飲み、煙草も…。

おっと…
好きだったハイライトじゃなく、キャビンで我慢してな。
ビールも、キリンだったかな…。


  140216_0941~02.JPG


2月17日は、沢田聖子さんのお父様のご命日。

2009年2月17日。

その年の5月、デビュー30周年ツアーの千秋楽のステージで、
お父様がお亡くなりになっていたと知らされた時…。
びっくりした。

同じ日だったことはもちろん、
あのライヴの日だったのか…と。

相方と一緒に墓参りに寄ってから向かった…
最前列に席を取り、豪華な食事をしながらのライヴ。
アンコール曲で、聖子さんから指名されて…
相方と一緒に唄わされたステージ…。

ディズニーリゾート 『 Club IKSPIARI 』

当日、病院に立ち寄った後に会場に向かったという。
その時、すでに意識が朦朧としていたけれど、
聖子さんが手を握ると、握り返してきたと…。

リハーサル中に、お亡くなりになったとのご連絡が入り、
けれども、いつものように3時間のステージを唄い切り、
その後のサイン会までも…。

いつもと変わらない笑顔で唄っていたけれど…
どんな気持ちでステージに立っていたのか…。

時々ステージで、
「あの日のライヴは、辛かったな…」
とぽつりとお話しされることが…


  140216_1001~01.JPG


「ごめんね」

あの日、ライヴなんか気にせず
お父様のもとに駆け付けてほしかった。


もちろん、
プロの舞台人として…

お客さんが集まっている場を投げ出すわけには行かない。

楽しみに待っているファンを放り出すわけには行かない

仕事をしなければいけないのはわかってる。


けれども

ファンとして…

聖子さんをお慕いする者として…

今も謝りたい気持ちでいっぱい。

「ごめんなさい」



そして…

「ありがと…」



nice!(44)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

初詣 [想い いろいろ]

年末年始の忙しい仕事が落ち着き、やっと休みらしい休みの今週末。

相方と初詣を兼ねて車で遠出…。

風もなく、真っ青な空の穏やかな日本晴れ。
東名高速を走らせると、ピッカピカの富士山が飛び込んできて…

世界遺産に指定された " 三保の松原 " から " 久能山・東照宮に " 。


数年前に訪れた際にはなかった観光案内所、増設された駐車場。
世界遺産の名所として、まだ走り始めたばかり。

松の木の下を潜り抜けると、一面に広がる駿河湾。
砂浜を海に向かって歩を進めると、左手に…
目に飛び込んでくるのは…

雲一つない青空を背景に、どっしりと腰を下ろす日本一の山。

富士山は、日本人の誇りの一つ。

こんなに美しい山は、他にない。

砂浜、波打ち際をそぞろ歩きしていると

次第に雲がかかり始めた富士山。

時間ごとにその表情を変えていく日本一の山。

いつまで見ていても飽きない…。


IMG_0349.JPG


三保の松原から車で20分ほどの久能山。

その頂上に建立されている東照宮。

参道の1159段の石段は右に左にうねり、
石の大きさも段差も幅もバラバラ。

戦国時代の終焉を迎えていた時代とは言え、
ここにも戦乱の世の面影が残る。

4年前に本殿等が国宝に指定された久能山東照宮。
日光東照宮に引けを取らない、荘厳で豪華な社殿。

徳川家15代の繁栄の礎を築いた家康を神格化し、
その栄華を末代にまで…
という想いが見て取れる。


IMG_0367.JPG


元和2年、75歳で他界した徳川家康は、その遺言によって
その日のうちに久能山に葬られたと言われている。

そして翌年の1周忌に、2代将軍・秀忠によって社殿が造営された。

徳川家に仕えた家臣が奉納した石灯篭には、
松平・酒井・本多・成瀬等の名だたる武将の名が刻まれている。

その中で、本殿の家康の神廟の真正面にある灯篭には、
豊臣家の「五七の桐」の家紋が彫られている。
刻まれた日付は1周忌の元和3年4月17日。
奉納者の名は刻まれていない。

他のすべての灯篭には、徳川家の「三つ葉葵」が刻まれているのに・・

徳川家の総力を挙げて滅ぼした豊臣家の家紋の灯篭が
なぜ家康の神廟の真正面に立っているのか…

何か意味がありそうな…


IMG_0374.JPG


修復したばかりの社殿は、当時の栄華を思わせるほどの…

照り返す金色の光が、社殿内を照らす。

信長・秀吉も祀っているという国宝の社殿。

" 阿吽の呼吸 " を表す造りが、至るところに見られる。


久能山から見下ろす駿河湾の水面は、鏡のようなべた凪。

陽の光が、目に眩しいほど…


それぞれの想いが…

空に向かって…。


IMG_0393.JPG


本殿に向かう参道の途中には、いくつか神社があり…

その中に " 音楽芸能の神様 " 厳島神社があり…


昨年の箱根神社に続き、今年も絵馬を奉納。

願いは…

ただひとつ。


IMG_0387.JPG


想いよ…

届け。


nice!(58)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

二度寝 [想い いろいろ]

1か月に何度か、午前10時出勤の日があり…
今日はその日。

いつもは10時出勤の日でも、同じ時間に目が覚めてしまう。
もう少し寝ていようかと思っても、朝早く目が覚めてしまう。

けれども今日は、8時半まで寝ていた。
いつもの時間に目が覚めて、二度寝した。

身体が動かなかった…。

週末の大阪遠征の疲れだけじゃなく…
今年のツアー遠征の疲れを相当ため込んでるな…
と感じながらの…
二度寝。


IMG_0294.JPG


今日は聖子さんも、寝坊して昼まで寝ていた…
ブログで…。

あぁ…
疲れがたまっているんだろうな…

1日2日休んだくらいでは抜けない…
蓄積した疲れが…
同じように。

肉体的にも精神的にも…
ステージで大勢の人の前に立つ重圧とその疲労度…
それは、本人にしかわからない。

ファンは…
ただ、見守ってあげることしかできない。
傍らに寄り添ってあげることしかできない。

けれども、その想いは必ず届いている。

決して口には出さないけれど、
ふと見せる微笑みが、瞳が語っている。

聖子さんの頑張りに…
ファンは少しでも寄り添ってあげて…
精一杯応えてあげなければ…。

心から支えてあげられるのは…
ファンしかいない。

聖子さんが疲れて後ろを振り返ったときに…
ふと立ち止まったときに…

誰もついてきていない…

という寂しい想いを絶対にさせないように…。

どこまでも。


倒れるのは聖子さんではなく、こちらで十分。

倒れてもかまわない…
と思いながらの…
二度寝。


nice!(59)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

5th Anniversary [想い いろいろ]

2012年10月27日。

このブログを始めてから丸5年が経ち、6年目に突入します。
いつも見来てくださる方、コメントを入れてくださる方…
心から感謝申し上げます。

このブログを始めた時は、同じソニー系列の「PLAY LOG」という音楽SNSで、
2011年の3月で「PLAY LOG」のサービスが終了し、こちらに引っ越してきています。

こちらは規模も大きく、アクセス数も桁違い。
これだけの人が見に来ているのか…と空恐ろしくもなり、
下手なことは書けないな…とプレッシャーを感じることも…

ファン仲間の誰にも言わず…
沢田聖子さんのことを綴ろうと…こそっと始めたブログ。

これまでの記事の本数は、約500本。
ほとんどが沢田聖子さんのことを綴ってきている記事ばかりで、
こんな独りよがりのブログを、よく見に来てくれるものだ…と感謝です。

200254673.jpg

沢田聖子さんを知らない人に…。

沢田聖子さんのことを知らない人に、少しでも知ってほしい…
昔聴いていたけれど、忘れてしまった人にまた思い出してほしい…
そんな気持ちで始めたブログ。

それは今でも変わらない。
ファンだけが集まるブログにはしたくなく、
興味のない人にも、少しでも沢田聖子さんの魅力に触れてくれれば…と。

学生時代、まだオフィシャルファンクラブがなかった頃、
友達と私設ファンクラブを立ち上げ、手書きの会報を作り、
コンサート会場で集まって聖子さん談義に華を咲かせ…

昔手書きで作っていた会報の延長線のような…
そんな懐かしい想いにもさせてくれるこの場所。

200362075.jpg

まだ5年、やっと5年…。

沢田聖子さんがデビュー5周年を迎えたのは1984年、22歳の時。
沢田聖子さんは、この6倍以上の年月をアーティストとして活動し続けている。

それを思うと、5年なんてえらそうに言える年月ではない…。

デビュー5周年の年…
日比谷野音でのコンサートは、忘れられない一生の想い出。
ツアー真っ最中にリリースされたスペシャルミニアルバムは、
たくさんの想い出が詰まった大切な宝物。

  沢田聖子ファミリーのみなさん
  そして、このファミリーを温かい目で見ていてくれるみなさん。
  ありがとうございます。




nice!(52)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - 想い いろいろ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。