So-net無料ブログ作成
フォノグラム時代 ブログトップ
前の5件 | -

Just a minute! [フォノグラム時代]

『 Just a minute! 時を止めて 』
作詞作曲:沢田聖子 編曲:渡辺博也

1984年5月21日、8枚目のオリジナルアルバム 『 風の予感 』 収録。
1曲目の 『 夏頃咲き頃Lady 』 と共に、最も沢田聖子らしくない楽曲の一つ。

アルバムのトータルバランスだけで持って来たとしか思えない…
どう受け止めて良いのか…
まだ若かったファンはみんな、戸惑った。

デビュー5周年のこの年、否が応でもファンの期待が高まっていた年。

アルバムにも収録され、先行発売となったシングル 『 都会人 』
当時最大の売れっ子作詞家だった売野雅勇氏を大抜擢。

レコード会社が社運をかけているのでは…
と思うほどのセールスプロモーション。
本気で大ヒットを狙った1曲。

デビュー日の4日前にリリースされたオリジナルアルバム。
ファンは、5周年の記念アルバムになると思っていた 『 風の予感 』

この年の7月25日に、ツアー真っ最中にリリースされた 『 INGENUE 』。
このスペシャルミニアルバム、9枚目のオリジナルアルバムが
実質的な5周年記念アルバムになったものの…

このアルバムに収録するために書き下ろした聖子さんの楽曲は、
制作サイドが描いていたイメージと異なっていたため、
ほとんどがボツとなり、職業作家陣の楽曲に差し替えられた。


200388752.jpg


デビュー5周年記念より、シングルヒットに重きを置いていた1984年。
沢田聖子さんもファンも、蚊帳の外だったアニバーサリーイヤー。

全10曲収録のオリジナルアルバム 『 風の予感 』
沢田聖子さんのオリジナル楽曲は、たった2曲。

そしてこの年、1年を通じて発表された楽曲は18曲。
そのうち沢田聖子さんが手がけた楽曲は、たった6曲。

これほどオリジナル楽曲が少ないアルバム、
オリジナル楽曲の比率が少ない年は、後にも先にもこの年だけ。

初めてのアニバーサリーイヤーだった1984年の、この年だけ。

完成度としては、決して悪くない 『 風の予感 』
全アルバムを通じて、ファンの評価も低かった 『 風の予感 』

そのアルバムの中でも、さらに陽の目を見ることのなかった1曲。

止まったままの" 時 " …。

あの時のまま、動いていない 『 Just a minute! 時を止めて 』

セルフカバーアルバム第2弾の収録曲の1曲として、
新たに生まれ変わる 『 Just a minute! 時を止めて 』

止まった時が…

再び動き出す。







nice!(46)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スクラッチ・ノイズ [フォノグラム時代]

『 スクラッチ・ノイズ 』
作詞作曲:西岡たかし 編曲:渡辺博也

1985年12月1日、12枚目のオリジナルアルバム 『 夢のかたち 』 収録。
同日、13枚目のシングルとして 『 風色のチャンス 』 をシングルカット。

全収録曲を手掛けた前作 『 Potential 』 からステップアップし、
沢田聖子本来の落ち着きを取り戻した、秀作アルバム。

前年のビデオクリップや写真集、ベストアルバムのリリースに
大はしゃぎしたファンの昂った想いを…
まるで静めるように…。

  「 ほんとの私は、ここにいるよ… 」

  「お願い…気がついて…」

と…ささやくように。


引き返すことのできない自らのアーティスト人生、
シンガーソングライターとしての想いを綴った 『 小さな船 』。
ステージとファンへの想いを込めた 『 Don't forget forever 』。

おぼろげながら、当時の " 夢 " を一つの形にした1枚。

アルバムタイトルが楽曲として存在しない、
初めてのオリジナルアルバム 『 夢のかたち 』。

Jan20796.jpg

全10曲収録のアルバムの9曲目。
自作楽曲ではないため、ややもすれば見落とされがちな楽曲。

西岡たかし氏特有の、ノスタルジー溢れる詩とメロディ。
レコード盤のスクラッチノイズに、消え失せて行く想いを重ね合わせて…。

西岡たかし氏もステージで時折唄う楽曲で、
オリジナルは最後のリフレインの歌詞が一部異なる。

   ~ 今日からの ニュー・ストーリー 思い出 にと 仕上げてみたい ~

独立後、西岡たかし氏のオリジナルの歌詞でステージにて披露。

   ~ 今日からの ニュー・ストーリー しあわせ にと 仕上げてみたい ~


独立後の自分の人生と重ね合わせるように…。

今日からのニュー・ストーリーは…

それまでの 思い出 を仕上げるのではなく…

これからの しあわせ を仕上げるために。


しあわせ を探すための…

はじめの一歩に。


nice!(47)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

独りぼっちの終局 [フォノグラム時代]

『 独りぼっちの終局 (カタストロフィー) 』
作詞作曲:沢田聖子 編曲:渡辺博也

1983年11月21日、10枚目のシングル
『 季節 ~シーズン~ 』 のC/Wとして収録。

旧クラウン時代から、シングルのB面は必ず自作楽曲だった頃…
ファンにとってシングルのB面は、聖子さんのオリジナル楽曲として
大切に大切に聴きこんだ名曲ばかりだった頃…。

1982年にリリースされた初のスマッシュヒット『 卒業 』。

その追い風に乗ってリリースされた8枚目のシングル
『 あなたへのバースディ・カード 』。
故・加藤和彦さん・安井かずみさんのヒットメーカーによる
軽快なリズムとメロディ、アレンジによるシングル向きの1曲。

そしてこのシングルのB面 『 ひとりぼっちの昼下がり 』 は
A面と同じ加藤・安井コンビによる楽曲になった。

" シングルB面は沢田聖子のオリジナル "

の方程式が崩れた時…。

続くクラウン時代最後のシングル 『 ドール・ハウス 』 では、
9枚のシングルメドレー 『 SHOCKING SHOKO 9 』 がB面に。

2枚続いてB面にオリジナル楽曲が収録されず、
当時のファンの落胆は測り知れず…。


IMG_0224.JPG


日本フォノグラム移籍後の初のシングル『 季節 ~シーズン~ 』。
そのB面には、再び自身のオリジナル楽曲『 独りぼっちの終局 』が収録。

同時発売されたオリジナルアルバム『 ターニング・ポイント 』
の収録曲をものともせず、隠れた名曲として絶賛の嵐だった
『 独りぼっちの終局 』。

それまでになかった沢田聖子の"女"としての本音と、
恋愛と失恋に真正面から向き合う"女"を隠すことなく…。
強がりともろさ、そして痛みを抱えた、生身の女としての自分を…。

まるで…
アーティストとしての意地を見せつけるように…
それまで創られたイメージに反発するように…

「これならどうだ!」

と初めてアーティストとしての意地を見せたB面の1曲。

皮肉にも思える…
" ひとりぼっち " と " 独りぼっち "

そしてそのアーティストとしての意地は…
1年後のシングルA面『 あなたからF.O. 』に…。

フォノグラム時代最高の名曲へと…



初めてファンの前に…
1人の女性としての本音を見せた…

初めて…
女として見ることに抵抗感がなくなった…

『 独りぼっちの終局 』


nice!(36)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今再びの " Potential " [フォノグラム時代]

1985年2月21日。
10枚目のオリジナルアルバム 『 Potential 』 をリリースし、
同年4月1日、同タイトルの初の写真集とビデオクリップを発売。
「Potential 3点セット」と呼ばれ、当時のファンの必須アイテムだった。

この時代、女性シンガーソングライターとしては例のないビデオクリップ。
ファンのみならず、ニューミュージック界の注目と話題をかっさらった。

ただ当時のレコード会社のヒット曲を狙った企画の一つでもあったため、
後年はあまり取り上げられることが少なくなったビデオと写真集。

ステージでも 「 若気の至り 」 「 当時の大人にだまされた 」 と語り、
「 持っている人は、没収します 」 とまで語る聖子さん。

そんな聖子さんにファンは合わせるように…
本人の前でのビデオクリップの話題は、ご法度となった。

img_570813_38666298_1.jpg

ここ1年ほど前からか…
沢田聖子さんの 『 Potential 』 への語り口が少し変わってきた。
「大人にだまされた」といつものように笑いながら語るものの、
今までとは違う、頭ごなしに否定しているわけではない語り口に…。

35周年企画の一つとして構想中のDVDの話題になると
「今度は浜辺を走ったり、貝殻の匂いを嗅いだりしないよ」
と懐かしそうに、照れくさそうに笑いながら…。

そして、『 Potential 』 の話題になると…
「あの時の私を、映像で残しておいてよかった…と思う…」
と語る時が…。

イルカオフィス時代はほとんど映像を残しておらず、
SMC時代の記録映像も、独立した今では手元になく…。

これまでシンガー・ソングライターとして歩いてきた自分の軌跡を
形で残しておきたいと思うのは、人として当たり前のこと…。
背を向けてきた過去の記録も、今では大切な想い出の一つ。

ファンも、どこか後ろめたい気持ちで観てきた 『 Potential 』
はしゃいでいたあの頃まで否定しているような…
あの時代に、何かを置き忘れてきたようで…。

けれども、ファンにとってもやはり大切な想い出の時代。
誰に臆することも隠すこともない、この世に二つとない宝物。

沢田聖子さんの " Potential " を信じて、一緒に走ってきた道のり。

沢田聖子の " Potential " は、50代になった今も、計り知れない。

今また、沢田聖子さんの " Potential " を信じて…。




nice!(44)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

切ない夜にささやかないで [フォノグラム時代]

『 切ない夜にささやかないで 』
作詞:佐藤純子 作曲:沢田聖子 編曲:渡辺博也

1985年12月1日、12枚目のオリジナルアルバム 『 夢のかたち 』 収録。
アルバムのみならず、フォノグラム時代でも屈指の切ないラヴバラード。
取り上げられる機会も多くはなく、ステージで唄う機会も少ない楽曲ながら、
密かに支持するファンは多く、隠れた名曲の一つ。

作詞の佐藤純子さんは、80年代の女性シンガーの作詞を幅広く手掛け、
ニューミュージックからアイドルまで300曲以上の作品を提供している。
90年代には英国に移住し、作詞の仕事を続ける傍ら、写真家としての活動も始める。

現在も、沢田聖子さんのライヴ会場に時折姿を見せる佐藤純子さんは
独特の世界観を持った作詞家で、綴られた詩の意味するものは深い…。
その込められた想いは、生半可ではない…。

日本での作詞家としてご活躍された8年間に、8曲の作品を沢田聖子さんに提供し、
いずれの作品も他に類を見ないフレーズが眩い輝きを放つ。


1984年 『 INGENUE 』 収録:『 今夜の靴は踏みはずして 』
1985年 『 Potential 』 収録:『 上着とテレフォン 』
1985年 『 Potential 』 収録:『 Daddy's photograph 』
1985年 『 夢のかたち 』 収録:『 切ない夜にささやかないで 』
1985年 『 風色のチャンス 』 C/W:『 Non Stop Elevator 』
1986年 『 TOO TOO 』 収録:『 Summer Eve ~真夏を待つように 』
1986年 『 TOO TOO 』 収録:『 ラスト・オーダー 』
1991年 『 Acoustic Summer 』 収録: 『 少しの後悔 沢山の涙 』


淡い恋心から、ピンボールのような恋の時代…

そして、偲ぶ想いに至るまで…

それはまるで…

まるで…。


      IMG_4342.JPG


リリース当時から女性の支持が圧倒的に高かった 『 切ない夜にささやかないで 』

その切ない想いは、命までを削っているのではないかと思うほどの…
それまでにはなかった、研ぎ澄まされた鋭い刃物のような…
微かに震える切っ先を突きつけているような…。

20代前半の、この時期にしか見られない沢田聖子さん。

少しづつ遠ざかって行く、大人びた後姿…

手のひらから、スッ…とすり抜けてしまう…

誰も寄せ付けない…


そっとしといて…

そっとしといて…と。



佐藤純子さんの綴る唄は、まるで…

まるでその時代の、沢田聖子さんをそのまま映し出しているようで…


迷宮の入り口で佇む貴女は…


ほっとかないで…

ほっとかないで…と。





nice!(49)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - フォノグラム時代 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。