So-net無料ブログ作成
検索選択

伝説の5タイトル [初期クラウン時代]

旧クラウン時代の5タイトル。
1979年から1983年にかけて世に出た、
80年代女性ニューミュージック・シーンを大きく変えた
初期・沢田聖子の伝説の5タイトル。

『 坂道の少女 』
『 青春の光と影 』
『 SHOKO LIVE 』
『 卒業 』
『 流れる季節の中で 』

8月28日、タワーレコード限定で復刻リリース。


店頭の棚に並んでいる5タイトルを見て…
泣きそうになった…。

旧クラウン時代の復刻盤ではあるものの、
メジャー盤リリースとしては2004年以来。

カウンター奥からCDとポスターを持ってくる店員。
目の前に置かれたアルバムは、自分のアルバム…。
これから共に暮らすアルバムたち。

いつものように心の中で…
「おいで…みんなのところに行くよ…」

やっぱり…
レコード・CDは自分の足でレコード店に出向き、
レジカウンターで受け取るのが王道。

この小さな積み重ねが、募る想いに…。
深い想いに…。

10代の頃からこうしてきた…。

誰が…

何が…

変えてしまったのか…。

IMG_0209.JPG

リマスター盤とあって、とにかく音がいい…
ヴォーカルの力強さと透明感はグッと良くなり、
突き抜けるようなサウンドが心地いい…。
重低音も、お腹の底から響く…。
これまで聴こえなかったリズム楽器の小さな音も…。

帯のクレジットも新たに書き直され、
読んでいて全身に稲妻が走る…。

ボーナストラックの3曲のアナログシングルver.。
『 シオン 』『 星空のメッセージ 』は超マニア向け。

当時、シングルとアルバムではもしかして違う…?
と気づき、EPとLPを交互にターンテーブルに乗せ、
乗せては代え、耳をそばだててその違いを確認した。
1枚のCDに両方が収録され、違いを聴き比べるのも簡単に…。

オフボーカルトラックは、ファンにとってはただのカラオケではない。
ヴォーカル録りの日に、聖子さんが聴いていたサウンド。
この音を聴いて、聖子さんはスタジオで唄っている。
当時聖子さんが聴いていた音源が、そのまま…。


ポスターはネガからのダイレクトではないので
若干色がオリジナルより薄いものの…
真新しいポスターを広げるドキドキ感はたまらない…。

それぞれのアルバムの想い出が蘇り…
音楽の不思議な力を感じ…。

80年代の女性ニューミュージックシーンを大きく変え、
そのパイオニアとして君臨した伝説の少女。

" ニューミュージック界のプリンセス "

と言われた…

伝説の5タイトル。


nice!(29)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SHOKO コール [SSW ~GREEN~]

前置きになりますが…
沢田聖子さんのファン向けの、
この場をお借りしての提案です。


柏2Daysも盛り上がり、
ツアーも関東シリーズが終了。

アンコール曲『素敵な朝』のコールも
回を重ねるごとに大きな渦になり始め、
聖子さんも閉口気味ではありますけれど…。

みなさんが楽しんでいること、
これから参戦のみなさんも心待ちにしていること。
客席の温度差が気になっているであろう聖子さん。
バックを巻き込んでまでの盛り上がり。

いろいろな思惑が見え始めてきていますけれど…
この流れは、しばらくは続けても良いのかな…。

僭越ながら…
ここを訪れてくれる聖子ファンのみなさまに、
ライヴに足を運んでいる聖子ファン、
そしてこれから初参戦予定の聖子ファンのみなさまに…

一つ提案があります。

『素敵な朝』での「SHOKOコール」
何故か4度目のコールは無し、
というのが暗黙のルールになっていますが…

4度目もコールしませんか?

昔のコンサートでも、4度目は無し、
という決まりがあったわけではありません。

『SHOKO LIVE』の音源では、
たまたま4度目が聞こえにくいから…だけ。
4度目を叫んでいる人もいました。

img005 - コピー.jpg

柏2日目のアンコール『素敵な朝』で、
エンディングのラララに入った時、
聖子さんは珍しくコールに応えるように、
手を耳に添え、客席のコールを待つポーズ…。

あの聖子さんが…。

ところがタイミング悪く…
4度目のラララ…の時で…。

耳を傾けて、ファンのコールを…
と待っていた聖子さん。

なのに…
その想いを裏切るように…
肩透かしを食らわせてしまった…
聖子さんに、恥をかかせてしまった。

悔しかった…
申し訳ない…
と思った。

もう二度としてくれないかもしれない…。

一生後悔するかもしれないくらい…
悔しかった。

次回から、4度目もコールを。
聖子さんのために。





nice!(38)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ポスター [初期クラウン時代]

8月28日発売予定の旧クラウン時代5タイトル再発。
タワーレコード限定発売。
各ボーナストラック付きのCD。

その特典ポスター5種類が明らかになり、
ファンはもろ手を挙げて大喜び。

いわゆる復刻盤のような形のポスターではあるものの、
昔のポスターのままの写真、歌詞カードからの転用のもの…
今でも輝き続ける沢田聖子さんの若かりし頃。
どれも懐かしい…

1枚目はデビューポスター、今回一番の目玉。
2枚目は『星空のメッセージ』ジャケット別撮りの写真。
3枚目が『雨の日のサンシャイン』のジャケット。
4枚目は『卒業』の歌詞カードからの物。
5枚目は『流れる季節の中で』の販促用ポスター。

無題 - コピー.jpg

無題 - コピー - コピー.jpg

今の時代は、昔ほどポスターがもてはやされる時代ではないものの
やはり憧れの人のポスターを手にするのは嬉しい。

レコードを予約して、特典のポスターと一緒に小脇に抱え…
家に戻って、レコード盤に針を落として…
歌詞カードの文字を追いながら…
ポスターを眺めながら…。

部屋に飾って毎朝ポスターに向かって挨拶をして出掛け、
家に帰って部屋に戻れば、まず一番にポスターの前に…。

誰もが一度や二度は経験のある、甘酸っぱい想い出。

久しぶりに特典ポスターに心躍らせる想い…
楽しみ。


nice!(38)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Pacifism

燃えるような恋も出来ず…

燃える程の想いを伝えることも出来ず…


志し半ば…

志しすらもまだ持つことなく…


散って行った…

幾千万の若者たち。


IMG_4570 - コピー.JPG


誰もが望んでいるはずの…

今のしあわせを…

守る続ける。


日々の当たり前の暮らしが

一番のしあわせだと…


この平和な日々を

二度と失わないために。


好きな歌を唄い続けるために…


他愛もない夢を追いかけ続けるために。


愛する人の笑顔を

守るために。


nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リカバリー

実はここのブログのほかに、もう一つブログを持っています。

沢田聖子さんが毎日アップしているブログ・サイトに、
もう一つブログを持っています。

圧倒的に聖子ファンが多く集まる場所なので、
ここでは書けない、肩ひじ張らないニュートラルなスタンスで…。

そこで毎日欠かさず、日々の想いを綴っている沢田聖子さん。
毎日アップするようになってから、もう5年程になるはず。

体調が良くない日もあるだろうに…
疲れて帰ってきて、直ぐに寝たい時もあるだろう…
嫌な事があって、書きたくない日もあるだろう…
普通の人と違って、グチを書く訳にも行かない…。

もちろん毎日読んでくれるファン、
毎日楽しみに待っているファンを想って
「今日はみんなに何を伝えようかな…」
と思っていらっしゃることは想像に難くない。

それでも、毎日は大変だろうな…と。


IMG_6708.JPG


いつか自分も1ヶ月間、毎日…
と以前から思っており、今月その想いを実行しています。
毎日アップするご苦労を、自分も体感したくて…。

ところが、その倣うべき沢田聖子さんが先日、
システムのエラーでアップすることが出来なかった日があり
久しぶりに連続記録が途絶えてしまい…。

その代わりと言ってはおこがましいのですが…
8月は、是が非でも欠かすことなく続けよう…と。

今月は、もう一つのブログに想いを集中します。
こちらでのアップする本数が少なくなるかもしれませんが…。

今日からようやく夏休みに入り…
好きな音楽を聴きながら…
毎日、好きな音楽の中で過ごしたい…。

こんな想いも、いつもならこちらで綴るところなのですが…。
何卒…ご容赦を。

酷暑が続く毎日。
体調を崩さないよう、乗り切りましょう。
nice!(32)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クラウン5タイトル再販 [初期クラウン時代]

日本クラウン時代のアルバム5タイトル

『坂道の少女』
m_200757467.jpg

『青春の光と影』
m_200757469.jpg

『SHOKO LIVE』
m_200757470.jpg

『卒業』
m_200757472.jpg

『流れる季節の中で』
m_200757478.jpg

の再販が決定。

まだご本人のHP・ブログで発表されていませんが、
さいたまライヴからご本人が告知しているため
情報として。

8月27日発売予定。
タワーレコードのみの発売で、1タイトル2,100円。
ボーナストラックとして、クラウンが所蔵している音源を収録。

『 シオン 』 のアナログシングルver.
『 こんな静かな夜は 』 のカラオケ
アルバム収録されていないシングルB面の楽曲等々。
予約特典として、当時の写真を使ったポスター。

すでにタワーレコード各店舗で、予約受付が出来る状態です。


nice!(36)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

青の時代へ [SSW ~GREEN~]

沢田聖子の自作楽曲をセルフカバーしたアルバム
『 Singer Song Writer ~GREEN~ 』

1979年から1982年までの楽曲をカバーし、5月26日にリリース。
現在そのニューアルバムを引っ提げての全国ツアー真っ最中。

そんな中、すでに次のアルバムの企画が進み、
収録予定の16曲の選曲も終わっている。

タイトルは
『 Singer Song Writer ~BLUE~ 』

20代の青春期真っただ中の…
青の時代。

1983年から1986年のアルバムまで…

 『 卒業 』
 『 流れる季節の中で 』
 『 ターニング・ポイント 』
 『 風の予感 』
 『 INGENUE 』
 『 Potential 』
 『 FOR YOU 』
 『 夢のかたち』
 『 TOO TOO 』

自作楽曲、全16曲の収録が予定されている。


200251268.jpg 


クラウンからフォノグラム時代

イルカオフィス時代の楽曲たち。

シングルのスマッシュヒットから

トップアーティストへの階段を駆け上り…

ビジュアルの時代に入り…

紆余曲折の時代へ…。


そして…

一つの時代が…

終わりを告げる…。


  「走って下さい」
  「青春エピローグ」
  「人と鳥」
  「流れる季節の中で」
  「蒼い風景」
  「さよなら貴方」
  「ボヘミアン」
  「心は風船」
  「悲しむ程まだ人生は知らない」
  「出来ることなら」
  「自問」
  「DREAM」
  「独りぼっちの終局」
  「Just a minute ! ~時を止めて」
  「想い出のオルゴール」
  「あなたからF.O.」
  「色褪せた海」
  「ごめんね」
  「ふたつめの春」
  「マイ・ペース」
  「時がいくつ流れても」
  「反抗期世代」
  「気にしないで」
  「ひとり」
  「小さな船」
  「TEENAGER」
  「あなただから」
  「Don't forget forever」
  「Natural」
  「A・MA・NO・JA・KU」
  「まっすぐに…愛」
  「冷たい言葉で傷つけて」
  「黄昏の街」


   Jan20796.jpg


そして…

霧の中へ…。





nice!(49)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。