So-net無料ブログ作成
検索選択

イルカの世界 [イルカ]

凍えるほどの真冬の北風が厳しく、春が待ち遠しいこの時期…
ふと聴きたくなる1枚のアルバム。

『 イルカの世界 』

IMG_0091.JPG

フォークデュオ 「 シュリークス 」 からソロに転向し、
1972年3月5日、" イルカ " としてレコードデビュー。
翌年3月5日にリリースした、1stアルバム 『 イルカの世界 』。

春の訪れを待ちわびるように…
イルカさんの心の内を映し出すような、あたたかな楽曲。
季節の春と心の春を思わせる楽曲が、軒を連ねるように…
『 冬の忘れ物 』 『 イルミネーション 』 『 陽だまりの中で 』 『 しあわせの国へ 』

人生に挫けそうになった当時のラジオリスナーに贈った…
このアルバムのみならず、イルカさんの楽曲中でも屈指の名曲
『 風にのせて 』

そして、81年の沢田聖子さん5枚目のシングルのオリジナル 『 春 』

さらに、聖子さんがイルカさんの楽曲の中でも大好きな1曲と公言し、
この時期になると、聴きたくなるという…
『 あいつ 』



頬をなでる心地良い春風と、

あたたかい日差しの中で見上げる青空…

まだ誰も数えたことがない…

どこまでも広がる 満天の星空。

その彼方に続く…

何光年も先までの…

永遠の想い…。

『 おやすみなさい 』

アルバムの最後に位置し、エンディングから再び1曲目の旋律に流れて行く構成は、
沢田聖子さんの1stアルバムのエンディングにも踏襲されている…。



1979年に " イルカの妹 " というキャッチコピーをいただき、
期待の新人シンガーソングライターとしてデビューした沢田聖子さん。

イルカさんの産休からのカムバックリサイタルに同行し、
石川鷹彦、中西俊博、木田高介、永田一郎など、
名立たるバックミュージシャンのサポート、
会場を埋め尽くすイルカファンの大きな拍手の中、
最高のステージデビューを果たした1979年。

聖子さんの楽曲の中には、このアルバムや楽曲へのオマージュと思われるもの、
歌詞やフレーズなど、あちこちにその深い想いを見つけることが出来る。

中学生時代、イルカさんの音楽を聴いて育ち、
まさに憧れのアーティストだったイルカさん。
「イルカの世界」への想いを馳せ、その想いをなぞるように…。

ステージでイルカさんのことを、面白可笑しく話されることはあっても
ご自身のイルカさんへの深い想いは、それほど詳しく話されない聖子さん…。

聖子さんご自身の音楽の原点でもあり、
今もなお、雲の上の憧れの人でもあるイルカさんだからこそ…

大切な人への大切な想いは、簡単には明かしてくれない…
聖子さんらしい、イルカさんへの深い想い。


IMG_4319.JPG

イルカファンにとっては、バイブルのようなアルバム。

兼価盤のCDも最近では店頭で見られなくなってしまい、
手に入れることが難しい1枚になってしまったけれど…

沢田聖子さんの音楽の原点でもある1枚。

聖子ファン必聴の1枚。

nice!(68)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

来てよかった… [SHOKO LIVE]

1月19日、代官山ライヴハウスでの今年最初の唄い初めライヴ終了。

クリスマスライヴでのキーボードとギターのサポート編成が好評だったため、
この日も同じ編成での、セットリストはこの日限りの新春唄い初めライヴ。

普段のライヴではあまり唄うことのない、懐かしい春の楽曲を唄う…
という事前のブログでの予告もあり、期待に胸膨らます…。

デビュー時代から、なぞるように唄う懐かしい楽曲たち。
初期のまだ拙い歌詞とメロディも、久しぶりのライヴ演奏ではどこか新鮮…。

その楽曲ごとに、当時の想い出が走馬灯のように蘇る…。
まだ高校生だった頃、受験生時代、学生時代、社会人になって…
いつの時代も、いつも傍らにあった音楽。
いつでもその時代に戻ることが出来る、
音楽の持つ不思議な力…。

後半からアンコールも、時代ごとにアンコールの定番だった楽曲がずらり…
「どうだ!」と言わんばかりの、昔ながらのファンには涙ものの圧巻のアンコール。
額に汗して唄う聖子さんに浴びせる手拍子の嵐、
いつまでも鳴りやまない割れんばかりの拍手…。
デビュー時から変わらない、後頭部が見えるほど深々とお辞儀をする姿…。

今年最初のライヴでありながら、今年最高のステージに…

終了後のファンの口々からも、同じように大絶賛の言葉が溢れる…。
通い慣れたファンすらもただただ圧倒され、終了後は放心状態に…。

ライヴ終了後の、ある女性ファンの言葉がすべてを語っていた…

「このライヴで、今年1年頑張りきれるんじゃないかと思うくらい…」

ここまでファンを納得させ、心底楽しませてくれるステージ…

選曲、リハーサル、そして本番までの聖子さんが抱く想い…。

その想いに、ファンも全力で応えてあげなければ…。

200246408.jpg

2013年の初ライヴということもあり、全国からの遠征組が東京代官山に。
ライヴが終了すると、遠征組の方々が一様に口にする…

「来てよかった…」

休日のスケジュールや仕事のやりくりをして、移動時間と交通費を費やして…
右も左もわからない見知らぬ街で、ライヴまでの時間をつぶす…。
体調が優れない日もあり、次の日の仕事に影響を及ぼすことも度々…。
行き帰りの道中、トラブルが発生することも…。
決して楽しいことばかりではないライヴ遠征。

それでもライヴを観終われば、「来てよかった…」とみんな同じようにつぶやく…。
また明日から、自分も頑張ろう…と思いながら、帰路に就く…。

夢の世界に連れて行ってくれて、さらに明日からの元気をもらって…
こんな素晴らしいものは、どこを探しても他にはない…。
音楽の魅力とライヴが持つパワーは、みんなを元気にしてくれる。
ステージ上のアーティストもミュージシャンも、客席のファンも…

来てよかった…と。


nice!(63)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

素直に… [SMC時代]

『 素直に… 』
作詞作曲:沢田聖子 編曲:米光亮

1989年5月10日、16枚目のオリジナルアルバム 『 SOUVENIR 』 収録。

リズム・プログラミングとウッドベースのゆったりとしたテンポが印象的な楽曲。
アルバム中でも埋もれがち、全曲中でもあまり取り上げられる機会も少ない。
ステージでも、めったに唄うことはない…。
それほど…

らしくない…
タイトルそのままに綴られた、素直な想い…
柔らかなメロディを包み込む唄声は、まるで自らへの子守唄のように…。

常に一線を踏み越えないスタンスを貫いている活動、楽曲の中でも、
異質とも言えるその柔らかな立ち位置と、伏目がちな表情を彷彿とさせる楽曲。

懐に隠し持っているのは、いつもの鋭い刃ではなく
まるで木目のぬくもりを持つペーパーナイフのような…

口元のかすかな微笑が…
見えるような…。

IMG_0085.JPG

1986年リリースのシングル 『 Natural 』 につけられたサブタイトル
” ~素直に…今~ ” 

この楽曲に込められた " 素直 " な想いは、 『 Natural 』 の頃とは違う…。

一人のアーティストとして…。
素直に生きてみよう…
自分を信じることから始めよう…
と…孤独を吹き飛ばすように、唄い叫んだ…。

一人の女性として…。
隣で見守っていてね…
一人じゃ乗り越えられない…
と…寄り添うように、かぼそい声でつぶやく…。

20代の、幸せの絶頂期にあった楽曲の一つ…。
そしてもう一度、大きく羽根を広げて大空を飛びまわるために…
夜空に浮かぶ、蒼い月に照らされて…。

  へそ曲がりで素直じゃない…

虚しく空にこだまする…


ファンには…

禁断の1曲…。





nice!(63)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

君のために [SMC時代]

『 君のために 』
作詞作曲:沢田聖子 編曲:米光亮
1989年5月10日、16枚目のオリジナルアルバム 『 SOUVENIR 』 収録。

音楽活動の休止復帰後のアルバム 『 LIFE 』 から約1年後のアルバムは、
デビュー10周年記念の1枚であり、自らのプロデュースによる1枚。
27歳の目から見た10代の純粋さをテーマとし、これからの10年に向けて、
いつも力になってくれるファンやスタッフ、関係者への感謝の気持ちを込めた1枚。

純粋だったあの頃のような気持ちで、もう一度走れるところまで頑張ってみたい…
自分の夢は、唄うことから始まる…
大きくても小さくても、夢を持ち続けていたい…と。

前作 『 LIFE 』 は、それまでのアーティスト人生のみならず、
日常抱いていた想いを赤裸々に綴り、泣き、叫び…
誰のためでもなく、自分自身に向けて贈ったアルバム 『 LIFE 』 。
もう一度走り出すために、自分自身への愛を隠すことなく告白したアルバム。

『 SOUVENIR 』は、アーティスト人生の中で出逢った人たちや別れて行った人たち…
自分を取り巻くすべての人へ、秘める想いと愛を音楽に込めたアルバム。

アルバム 『 LIFE 』 では、キービジュアルに赤いチューリップを使用し、
そして 『 SOUVENIR 』 では、マーガレットをキービジュアルとして起用。

チューリップの花言葉は、愛の告白。
マーガレットの花言葉は、秘める愛。

IMG_0086.JPG

アルバムのオープニング曲 『 君のために 』 。
イントロから激しいギターとドラムス、ベース、そしてシンセとピアノが絶妙に絡む。
沢田聖子全曲の中でも、あまり他に類を見ないハードロック張りのアレンジ。

間奏では、す…っとエアーポケットに落ちるようなストリングスのピチカートが小粋。
そしてツーコーラス目に向かい、再び激しいサウンドに…。

そうそうたる顔ぶれのスタジオミュージシャンの中、デビュー当時にキーボードによる
サポートをしていたエルトン永田氏をシンセサイザーで起用。
この起用には、昔ながらのファンは驚いた。

高波をサーフするように、大きくうねるエルトン永田氏のシンセのサウンドが、
ギターやドラムの激しいリズムに絶妙にマッチしている。

当時この楽曲を聴き、これからまた本格的に…と実感した1曲。
真の意味で、再スタートのアルバムとなった 『 SOUVENIR 』 。


貴女のために…

貴方のために…

愛する人のために…

君のために…


もう 泣かないで LITTLE GIRL  

後ろからそっと肩を叩いた

もう 泣かないで SWEET GIRL 

僕が君を守りたい…




nice!(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

伝説のバースデーライヴ [バースデーリクエストライヴ]

2010年3月から始まったバースデー・オールリクエスト・ライヴ。

 今、ファンのみんなが聴きたい曲を…

そんな沢田聖子さんのファンへの想いから始まったオールリクエスト・ライヴ。

客席全員からその場で順にリクエストを募り、その場でその中から選曲し、
最初の1曲目から最後の1曲まで、すべて客席のリクエストから唄う…
という前代未聞のバースデーライヴ。

客席は、必ずリクエストしなければならない1曲をあれこれ考えて準備し、
唄う側の沢田聖子さんは、どの楽曲のリクエストが来るかわからないため、
200曲を超える持ち歌すべての譜面を準備して…

客席もステージ上も、ライヴでなければ味わえない臨場感と緊張感を共にする…。

それまで東京公演のみだったバースデーライヴも、
2010年は東京・大阪・名古屋、翌2011年は東名阪、一の宮の4か所に…。
そして昨年は全国10か所の11公演のツアーとして開催。

先日発表になった3月のバースデーライヴ・スケジュールは、
昨年の11公演を上回る、全12か所・13公演という怒涛のハードスケジュール。

120320_2038~01.JPG

2010年のオールリクエストライヴ初日の東京公演は3時間30分に及び、
リクエストに応えた曲数は、通常の2ステージ分に相当する36曲に…。

ステージの聖子さんも客席のファンも、いつ終わるのかわからないほど…
唄いまくり聴きまくり、拍手と歓声と笑顔に包まれ…
そして 伝説に…。

『 走って下さい 』
『 ひとり 』
『 青春エピローグ 』
『 星空のメッセージ 』
『 ナンクルナイサ 』
『 せつなさを抱きしめて 』
『 春 』
『 流れる季節の中で 』
『 そよかぜの中で 』
『 大好きな街~富良野~ 』
『 恋 心 』
『 ボヘミアン 』
『 真くんへの手紙 』
『 あなたからF.O. 』
『 シオン 』
『 君と歩いた青春 』
『 ポニー・テール 』
『 にぎやかな悲しみ 』
『 いつか君に 』
『 落葉の部屋 』
『 乗り越えて行けるね 』
『 親愛なる人へ 』
『 息子からの伝言 』
『 ラスト・バケイション 』
『 Don't forget forever 』
『 約 束 』
『 卒 業 』
『 時を感じて 』
『 ラストオーダー 』
『 白い街 』
『 あなたへのバースディ・カード 』
『 人と鳥 』
『 まっすぐに…愛 』
『 星より遠い 』
『 誕 生 』
『 In My Heart 』

120317_2113~01.JPG

手探りだったオールリクエストライヴ初日の東京公演の36曲…

あれほど唄いまくったステージは、おそらくもう見られない…。

最初で最後の36曲、3時間30分。

伝説となったバースデーリクエストライヴ。


今年3月も、各地でそれぞれの伝説が…。





nice!(56)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新年を迎えて

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、皆さまからの温かいご支援とともに
大変お世話になりましたこと、心から感謝しております。

年末年始の仕事が忙しく、たくさんの方から健康のご心配をいただき、
音楽を通じてのつながりに感謝感謝…の日々でした。

沢田聖子さんを介してのつながり、交流が年々多くなり、
遠征先のライヴ会場でも声をかけてくださるが激増し、
沢田聖子さんを囲んだファンの輪が広がっていることを実感しています。

これも、沢田聖子さんが唄い続けてくれているからこそ…。
感謝の言葉しかありません。

2012年の沢田聖子さんは、5月にニューアルバムをリリースし、
アルバムを引っ提げての全国ツアーに明け暮れた1年でした。

全盛期の本数に匹敵する、60本を超えるステージに立ち、
全国の聖子ファンに笑顔と元気を届けてくださり、充実した1年でした。

2013年は、1月19日に東京代官山ライヴハウスでの唄い初め、
そして3月には、全国13か所でのバースデーライヴが予定されています。

また今年は、久しぶりに映像物を制作することもステージでお話しされています。
DVD、そして写真集も視野に入れているご様子…。

2013年も、益々のご活躍が期待される沢田聖子さん。
聖子さんの元に集まるファミリーの輪も年々大きくなり、
今年も期待に胸ふくらませ、忙しい1年になりそうな予感…。

IMG_0074 - コピー.JPG

1979年にデビューし、34年目のアーティスト活動に入る沢田聖子さん。

高校生の頃、まだあどけない聖子さんに恋い焦がれ、
勉強も部活もそっちのけで、人生のすべてを注ぎ込んだ女性。
社会人になった時も転職をした時も、いつも隣にいてくれた女性。
どれだけこの女性に支えられたか、元気づけられたか知れない大切な女性。

沢田聖子さん自身も、何度も挫折しかけた時があり…。
その度に別れを覚悟しながらも、必ず聖子さんは戻ってくる…と信じて…。
一人のファンとして、少しでも支えてあげられたのなら…。

ステージに立ち、ファンの笑顔を観て…
「今日も気持ちよく唄えた…みんなに逢えて良かった…」
とこれからも思ってもらえるように。

この歳になって、全国のライヴに通い、生のサウンドに身体を揺らし、、
明日からの元気をもらい、ファン仲間と飲み明かし…
ほんとに幸せな人生を送っていると思っています。

そして、音楽を通じて聖子ファン以外の方とのつながりも出来、
音楽の素晴らしさを改めて実感している新春です。

末筆ながら、沢田聖子ファミリーと音楽仲間の皆様にとって
幸せな1年になることを祈念申し上げます。

2013年も、変わらぬお付き合いをお願いします。



この想い いつまでも…
Don't forget forever


nice!(70)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。