So-net無料ブログ作成

放課後の空 [東に元気を…]

『 放課後の空 』

1999年に岩手県で開かれた「日本の心を歌うふるさと短歌コンサート」の
一般公募で集められた「家族」「ふるさと」をテーマとした短歌をメロディーに乗せ、
2004年6月23日、あんべ光俊プロデュースのオムニバスCD
" 歌姫たちのソングオブ短歌 " 『 nonohana 』 に収録。

詠み人は、岩手県の中学生。
二学期に突然引っ越してしまった友人のことを思い…


    君といた 時を大事に 生きてゆこう 今ふと思う 放課後の空


tm_sen110811%20(1).jpg


あの日の、あの時間で止まったままの校舎の時計。

窓ガラスが割れたまま、あの日から全く変わっていない倒壊した建物。

学校のグラウンドは、被災者の方々の仮設住宅が建ち並ぶ。

子供たちの大切なグラウンドは、どこも受け入れてくれない瓦礫の仮置き場。

土の中に残っているガラスの破片や瓦礫等を全て取り除かなければ
再び子供たちが走り回るグラウンドとして使うことが出来ない…。

その時間と労力、かかる費用は計り知れない…と聞く。

あの日見上げた、放課後の空が戻ってくる日は、いつ……



    君といた 時を大事に 生きてゆこう 今ふと思う 放課後の空






nice!(69)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あなたへのバースディ・カード [初期クラウン時代]

自分にとって…

沢田聖子さん唯一無二のバースディ・ソングと言ってもいい…

img.jpg

デビュー3年目の1982年5月25日、8枚目のシングルとしてリリース。

前作 『 卒業 』 のスマッシュヒットにより人気が沸騰し、
その上げ潮に乗って一気に全国区を狙ったキャッチャーなメロディ、
アイドル顔負けのジャケット、自ら 「 悩殺ボイス 」 と評する甘い…歌声。

初めての聖子さんからのバースディ・ソング。

決して売れ行きが良かったシングルではなかったものの…
決して大きく取り上げられる楽曲ではないものの…

当時のファンにとって、このバースディ・ソングがどれだけ嬉しかったか…。
この楽曲への想い入れは、言葉では表せない。

今宵…

19の頃に…

想いを馳せて…

すべての9月生まれの方に。

Very Happy …

Happy Birthday …。

to you


nice!(51)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ガラス越しのDuet [ラジオ・TV]

9月17日、コミュニティFM 『 アフタヌーンパラダイス 』 でのひとコマ…。

放送開始1時間ほど前にスタジオ入りした沢田聖子さん。
カバンの中から取り出した1枚のCDを、ディレクターの女性に渡しながら…
CDの裏ジャケットのある箇所を指さし、ディレクターさんと一言二言。

番組中にかける楽曲のために、自宅から持参したCD。
遠目からでもアーティストとアルバムタイトルがわかる、なじみ深い2枚組CD。
リリース当時はまだレコードで、何度も何度も針を落とした2枚組アルバム。
バイブル…と言っても言い過ぎじゃないくらい聴きこんだ、大切なアルバム。

指をさした位置と、「旅」をテーマとした投稿を募集していることから…
あの楽曲に間違いないな…と確信。

20101208_1665899.jpg

番組中盤あたりでかかったその楽曲。
もう25年以上前にリリースされたアルバム収録の楽曲ながら、
今も大好きで、カラオケでも幾度となく歌っている楽曲。
油断すると、大粒の涙が溢れる楽曲…。
身体が自然にリズムを刻み、楽曲に合わせて口ずさむ…

ガラスの向こう側では…
リスナーからのメール、FAXに目を通し、ペンを走らせながら…。
彼女も、楽曲に合わせて口づさんでいる…

そう…
口ずさまないではいられないメロディと、せつない詩…。


   ショーウィンドウに映った黒い目をした J.BOY

   帰る故郷を見失って…


ガラス越しに。

ふと視線が…ぶつかり…。

お互いの唄声は

お互いに聴こえないけれど…

ガラスを隔てて…

ガラス越しの…。





nice!(60)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アフタヌーンパラダイス [ラジオ・TV]

9月17日の祝日、東京代官山ライヴの翌日。
世田谷コミュニティーラジオ 『 アフタヌーン・パラダイス 』 のDJとして出演。

2011年の3月まで、毎週月曜日にレギュラーパーソナリティを務めていた番組。
当時は半蔵門の東京FMのスタジオからオンエアーされていた番組だったが、
現在は世田谷区三軒茶屋のキャロットタワー26階のオープンスタジオからの生放送。
誰でも出入り出来る展望フロアーにあるスタジオのため、公開生放送が常の番組。

現在は岸田敏志さんが月曜日のレギュラーを務めており、
スケジュール調整がつかない日に、ピンチヒッターとしてDJを務めている聖子さん。
5月以来のピンチヒッター、しかも祝日ということもあり、
スタジオ前には、全国各地から多くのファンが駆けつける大盛況。

120514_1659~01.JPG

5月以来の出演ということもあってか、メールとFAXの量も尋常ではない。
番組開始前からすでに机の上はメール・FAXで埋まり始め、
オンエアー開始になると、さらに次々と…

曲が流れている最中、聖子さん本人、アシスタントの女性、女性ディレクター、
さらに応援で駆け付けている岸田智志さんの事務所スタッフまでが
メールやFAXにチェックを入れ、忙しそうに赤ペンを走らせている…。

机の上はメールとFAXの紙で溢れ、収集がつかないほど…
久しぶりのパーソナリティ、という状況を差し引いても
コミュニティラジオのレベルではない。
AMラジオクラスの投稿量。

特別にコーナーを設けることもなく、箱番組もない4時間の長丁場。
コーナーを設けてメールを募集しなかったのも、これまでの投稿量から
通常のメール・FAXで充分に4時間を乗り切れる…
沢田聖子さんのアドリブとしゃべりだけで、充分番組として成り立つ…
と踏んでの事だったのだろうと…。

さすが…
デビュー時から、ラジオパーソナリティをいくつも務めただけのことはある。

よくしゃべり、よく笑い、よく食べる…。

人が食べているものも、羨ましそうに眺める…。

聖子さんの魅力のすべてが目の前に…

そんな4時間の公開生放送。

また近いうちに…

そしていつかまた、レギュラーで。

120917_1701~01.JPG


nice!(54)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2012年9月11日21時45分

あれから11年。
あれから1年6か月。

もう…
まだ……。


『 息子からの伝言 』 作詞作曲編曲:沢田聖子
2003年10月22日オリジナルアルバム 『 心は元気ですか 』 収録



nice!(49)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今夜こそ…

今夜こそ…

今夜こそ…と。 

たったひとつの夢が

この街の影に横たわっていると…

信じて…。


      たどりつくと いつもそこには
     
  

      川が横たわっている

      
      それはいつか 幼い頃どこかで

      
      見たことのある川なのさ

      
      夕べ彼女は傷ついた小鳥のように 

      ここへ訪れた

      
      そして同じ夜明けを迎えたのさ

      
      まるで 昔のように…


2131.png


      Rock & Roll Night、Rock & Roll Night 
      今夜こそ

      Rock & Roll Night
      たどりつきたい



貴女の Rock & Roll Night

今夜こそ…

今夜こそ…



200236198.jpg


      この胸に…SOMEDAY

      誓うよ…SOMEDAY



今夜こそ

貴女の最高の Rock & Roll Night を……。



北へ…。




nice!(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『 J-POP青春の’80 』 総 括 [ラジオ・TV]

NHK・BSプレミアム 『 J-POP青春の’80 』

地震速報、津波注意報のテロップが流れ続けた本放送。
聖子ファンだけでなく、他のファンもきっと天を仰いだはずの津波注意報。
聖子さんも、ライヴ遠征先のホテルで緊張しながら観ていたという…。
翌日のライヴでは、どうしてこの日に津波注意報が…と残念がっていた…。

そして日曜日の再放送の完璧版にて、ようやく完結したNHK出演。
4時間に及んだ収録では、前半に各アーティストのライヴシーンを録り、
後半にトークシーンを録るという、長丁場の収録。
ライヴシーンを録り終えた後のトークシーンでは、みんな緊張がほぐれた良い表情…。

各出演者の後ろに飾ってあるパネルは、80年代当時の写真であるはずなのに…
何故か沢田聖子さんのものだけ、90年代の写真。

IMG_1533.JPG

沢田聖子さんの楽曲は、1982年リリースのヒット曲 『 卒業 』 。
オリコン50位にランクインした、沢田聖子唯一のシングルヒット。

ちょうど短大2年の時の楽曲で、卒業が危ぶまれていた時。
ファンの間でも、ほぼ留年だろう…という話も出ていて、
仕事もますます忙しくなるのに、留年になったら、どうするのだろう…
と余計な心配をしていたとき…。

沢田聖子さんのアーティスト人生で、初めてのピンチだったとき…。

徹夜で仕上げたという論文を提出し、なんとか卒業も決まり、
その直後の東京ライヴでファンの前で卒業決定を発表し、
大きな拍手に会場がつつまれたこと…
今も憶えている、懐かしい想い出……。

ステージに登場すると…
「 沢田です… 」 とマイクに向かってぼそっと話すと…
「 緊張するね~。 こ~ゆ~場所、慣れてないからぁ~ 」
とあっけらかんと…

「 あ…これなら大丈夫だな… 」
とひとまず安心。

唄っている表情もいつも通りの笑顔で、楽しんでいる…と思われる動き。
ただ、ギターのストロークは…
音は出ているんだろうか…
なんだか怪しい…^^;

IMG_1565.JPG

ストロークの後、右手を高々と上げるいつもの仕草も…。
つま先でリズムを刻む動きも、さしていつもと変わらない。
足がガクガクするくらい緊張しているわけではないな…と。

NHKのハウスバンドとのリハーサルは、たった10分だったという。
バンドミュージシャンのコードは、シングルと同じオリジナルのコードなので、
今自分がライヴで使っているコードと違う…
10分のリハで合わせられるだろうか…。
と心配したらしいが、さすがNHKで仕事をするプロのミュージシャン。
歌い手さんのサポートに徹した、教科書通りのきれいなサウンド。

IMG_1562.JPG

後日の本人談では…
「 ギターをヘラヘラかき鳴らし、緊張していないように見えたかもしれないけど、
コードは間違えるは、歌詞もおぼつかないは、ああ見えても緊張していたんですよ 」

収録現場で生で観ていても、オンエアーの画面で見てもそうは感じなかったのは、
やはりこれまで踏んできたステージの数、いわゆる場数の違いだろう…。


やっとあたしの出番が終わった…
安どの表情…。

照れくさそうな…それでいて満足している表情
普段あまり見せない、素直な気持ちが表れている良い表情…

IMG_1566.JPG

トークシーンでは、旅や思い入れのある土地の話題。
辛島さんは、優等生らしく北海道だと…。
聖子さんは…
北海道から始まって、富良野、旭川、岩手、福島、仙台、いわき,、安曇野…
どの土地もそれぞれの良さがあって、ピンポイントでは決められない…

大友さんから、どこか一つに…と言われているのに…
相変わらずのへそ曲がりぶりを発揮。
猫被ることない、いつもの受け答えは頼もしい限り。

ジューシーフルーツは、当時メンバーとよく逗子に遊びに行っていた…
という話になり、当時テクノポップとして一世を風靡していたジューシーフルーツが、
六本木ではなく『 逗子 』 ですか!?
とスムーズに会話が盛り上がり始めているとき………



沢田聖子さんの動きが、なんだか怪しい…
と客席で見ていて、気になっていた…。

みんなイリアさんの方を見て、話を聞いているのに…
聖子さんだけ、イリアさんと司会の大友さんを交互に見て…
キョロキョロして落ち着かない…
こんな時は、何か企んでいる…。

IMG_1583.JPG

オンエアーの画面で見ると、この瞬間、決行に踏み切ろうとしたと思われる。
この目線がすべてを物語っていた…
TVカメラは、逃さなかった。

IMG_1586.JPG

沢田聖子一世一代の親父ギャグが、ついに炸裂。

「ジューシーフルーツ」だけに、「逗子(ズーシー)フルーツ」

視聴者にわかりやすく…という配慮のテロップまで出る、破格の好待遇。

いち早くその " 親父ギャグ " を耳にした隣の辛島さんのリアクションがナイス…。
お約束通りのリアクションに、聖子さんも満足しただろう…。

IMG_1590.JPG

大友康平さんは、突然のことにビックリ。
「 こんちくしょ~!俺より面白いギャグを言いやがって! 」
と言わんばかりの反応で、聖子さんに突っかかりそうな勢い。
女性アナウンサーは、ケラケラとむじゃきに喜んでる。

IMG_1597.JPG

よく聞き取れなかったらしいイリアさんが、「何何何…?」と聞き返し、「うまい!」と。
そして水越けいこさんは、手を叩いて大爆笑…。

もう会場すべての注目は、沢田聖子さんに…

それぞれの人の反応が興味深い、番組一番の大盛り上がりを演出。
懸念していた親父ギャグが、思わぬ功を奏し、最高に弾けた瞬間。

IMG_1600.JPG

「 ど~も すびばせん… 」
と言わんばかりの、申し訳ない表情をしながら…

IMG_1609.JPG

「やった!!!」

と勝ち誇った表情。

「唄じゃ負けたけど、しゃべりじゃ負けないわよ!」

さすが、永遠の歌姫…の裏の顔…。

IMG_1615.JPG


収録後日のライヴステージで、聖子さん…
ライヴは2時間から3時間の間に、MCを挟みながらその日の良いものを出して行く…
でもTVは、たった3分程度の時間でその日のすべてを出さなければならない。
同じ音楽だけれども、ライヴとTVでは全く違う…と…。

そして…
たった3分の1曲だけ…っていうファンの声もあるけれど、
他のアーティストさんはみんな " 大ヒット曲 " を持っていらっしゃる。

私の 『 卒業 』 を " ヒット曲 " だと紹介してくださったけれど、
最高ランク50位という、とてもヒット曲とは言えない…。

そんな私が、全国放送のNHKで1曲歌わせてくれるだけでありがたい…と…。

IMG_1513.JPG

聖子ファンは、たった1曲の大ヒット曲を抱えての活動より……。

これからもライヴで…。



nice!(74)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オーマイガッ!! ( ̄□ ̄;) [ラジオ・TV]

NHK・BSプレミアム 『 J-POP青春の’80 』

待ちに待った オンエアー中…

おっと…いきなりの地震速報…


IMG_1434.JPG


続いて津波注意報…

テロップは、当分消えそうもない…。


IMG_1440.JPG


ど~して、この大事な時に…(:_;)


IMG_1437.JPG


日曜日の再放送で、もう一度録画し直し…。

津波注意報も解除され、大きな被害もなく、何より…。


nice!(45)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。