So-net無料ブログ作成

2011年3月 [ライブツアー幸せを探そう]

2011年3月13日のバースデーライヴ東京公演の2日前…
未曾有の大震災が東北地方を直撃。

東京も大きく揺れ、交通網がすべて麻痺し帰宅困難者で溢れかえった。

余震も続く中、お客さんの安全の保証が出来ない、というライヴ会場の判断により
3月13日のバースデーライヴ東京公演が延期に…。

こんな状況下だからこそ、唄うことで何かの力になりたい…
という想いを当初から持っていた聖子さんにとっては、泣く泣くの決断だった。

翌週の19日の大阪、20日の名古屋、21日の一宮は予定通り開催。
東京もまだまだ予断を許さない状況下、敢えて聖子さんの後を追うことを決断。
迷った末、遠征を決行。

家族や友人からも、「こんな状況で東京を離れて大丈夫なのか…」と…
「東京を見捨てるのか…」と冗談交じりに言われるほど…。
それほど、その時の東京は不安と危機感で溢れかえっていた。
正直、もう一度地震が来たら帰れないかもしれない…と何度も迷った。

でも、聖子さんが同じ状況下で東京を離れる今、自分が躊躇するわけにはいかない。
ここで躊躇すれば、一生後悔するかもしれない…と思い…。
遠征を決行。

大阪・名古屋のファン仲間からも、「東京は大丈夫か?」「東京を離れて大丈夫か?」
と声をかけられ、苦笑いをするしかなかったことが思い出される。

2011年、想い出に残るステージは数々あれど…
3月の震災直後の大阪・名古屋遠征。

新幹線に乗って東京を離れて行く時の、あの想い…

忘れられない。

o0480085411116779400.jpg

nice!(27)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

J.BOY&J.GIRL [ライブツアー幸せを探そう]

12月25日名古屋千秋楽をもって、2011年の全日程終了。
2010年9月11日からニューアルバム 『 宝物 』 を引っ提げて、
1年3カ月に亘って敢行された全国ツアー『 Live Tour 幸せを探そう 』もすべて終了。

ツアーファイナルX'mas ver. の東名阪は、クリスマス・ソングと冬の唄の選曲となり、
1日目はサンタの衣装、2日目はトナカイをイメージしたワンピース姿で登場。

自らのオリジナル楽曲以外にも、誰でも知っている世界的なクリスマスソング、
そして他のアーティストのクリスマスソングと冬の唄をカバー曲として披露。
2daysそれぞれ異なったカバー曲を唄い、シンガー沢田聖子の魅力を披露。

2日目のカバー曲で、タイトルを告げずに「このアーティストさんも、大好きです…」
とつぶやいて唄い出した曲。

初日にカバー曲を唄ったことから、2日目に絶対に唄う…と確信した1曲。
旧事務所時代のスタジオライヴでも唄っている楽曲。


DSC_0429.JPG
                                 STS会員 O氏撮影

『 悲しみは雪のように 』
1981年9月リリースの浜田省吾オリジナルアルバム 『 愛の世代の前に 』 に収録され、
同年11月にボーカル・コーラスアレンジ・ミックスを変えたヴァージョンをシングルカット。
当時は全く売れず、シングルカットされていたことさえあまり知られていない。
またアルバムと違うシングルヴァージョンであることを知らないファンも多い。

1992年にドラマの主題歌としてリメイク盤がリリースされ、
オリコン・シングルチャート第1位を獲得し、一気に浜省人気が爆発する。
浜田省吾の代表曲にもなった楽曲ではあるが、昔からの生粋の浜省ファンにとっては、
1981年のオリジナルヴァージョンが 『 悲しみは雪のように 』 。




沢田聖子さんと共に、学生時代から聴き続けている浜田省吾。

ひと昔前、聖子さんが何かのラジオ番組に浜田省吾さんとにゲスト出演したことがある。
対談形式となった番組中で聖子さん自らの音楽の話題になり、
その時の浜田省吾の言葉にえらく憤慨した…と語っていた。
浜省が嫌いになったのかな…と複雑な気持ちになった…。

数年後、旧事務所のFCイベントで浜省の85年のツアーTシャツを着て行ったところ、
聖子さんが背中の「ON THE ROAD」のロゴを見つけ、Tシャツを欲しがられたことがあり、
「また聴くようになったのか…」と嬉しくなったことを憶えている。
でも、Tシャツはあげなかった。

IMG_7426.JPG

12月29日に59歳になり、来年は還暦を迎える浜田省吾。
父親の心境を綴った楽曲も唄うようになり、家族を想う詩も珍しくなくなった…。
若い頃なら、こんな浜省は絶対に許せなかったのに…

独りきりの再スタートを切り、家族の絆の大切さを噛みしめている沢田聖子。
両親、そして兄と妹を想う楽曲をステージで唄う姿が、最高に輝いている…。
若い頃にはなかった魅力が、ステージに磨きをかけている…。


拳を振り上げ、孤独に立ち向かう J.BOY 

自らの夢のために、あえて孤独に立ち向かった J.GIRL

そして今でも夢中で追いかけてる俺も、同じ J.BOY




nice!(30)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お詫び

年末押し迫り、私の仕事が最繁忙期に入りました。
もう年明けまで休みはなく、ただ働くだけ…。
週末の名古屋ファイナルも、職場で想いを馳せるだけ…。

例年この時期は、職場滞在時間が16時間近くになるため、
帰宅すれば夕食を取ってお風呂に入って寝るだけ…。
PCに向かう時間も少なくなり、みなさまへのご訪問もままなりません。

名古屋の千秋楽が終わり次第、もう1本記事をアップさせたいと思うものの、
これもどうなるか分かりません。
しばらく失礼をするかと思いますが、何卒お許しください。

またこのブログを楽しみにしていただいている聖子ファンの皆さまにおきましても、
しばらくの間、ご勘弁いただきますようお願い申し上げます。

111127_0942~01.JPG
nice!(31)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

永遠の " Last Christmas " [クリスマス・ライヴ]

『 幸せを探そう Tour Final X'mas ver. 』 東京ライヴ第一聖夜終了。

朝から冷え込んだ東京吉祥寺には、他府県からの遠征組も多数駆け付け、

大阪ライヴの評判も広まり、期待に胸膨らませる光景があちこちに…。

待つ時間も、愛おしい…。


クリスマスムードに満ち溢れた楽曲の数々に、頬も涙腺も緩む…。

こんなに幸せで良いのだろうか…

今を一緒に生きていることに、手を合わせたくなるほど…

こんな想いを抱く女性は、二人といない…。


111218_2134~01.JPG


会場の想いがこれほど一つになっていることを感じるのは、滅多にないほど…

ステージの上も客席も、みんな同じ想いに包まれたひととき。

これほどクリスマス・シーズンを心から楽しんでいるのは、今までにない…

みんなの笑顔が、輝いている…

すぐそばにある幸せを手にして…

一生忘れないクリスマス。

来年からは、去年までとは違う " Last Christmas "

年が明けても、その次の年になっても

またその次の年が来ても…

年齢をいくつ重ねても…

I keep my distance but you still catch my eye

永遠の " Last Christmas "



nice!(49)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Christmas Song [クリスマス・ライヴ]

~幸せを探そう・ Tour Final X'mas ver. ~

今週末は、東京吉祥寺のライヴハウス 『 STAR PINE'S CAFE 』 での2days 。

先週末に初日の大阪2daysを終え、すでにファンの間では絶賛の嵐。

2日間別メニューの彩り艶やかなステージは、他の誰が企画したものでもない、

聖子さん自らの手で創り上げたステージ。

ファンのために、みんなに楽しんでもらおうと…

一生懸命この企画を考えたのだろうな…。

これ以上ない、ファンへの最高の贈り物 。

IMG_1454 - コピー.JPG

セットリストにちりばめられたクリスマスソング。

一緒に口ずさむ客席の唄声を聴き、目を細めてうれしそうに見渡す表情…

ステージ上も客席も、少年少女に戻った屈託のない笑顔。

この幸せが、いつまでも…


沢田聖子ファミリーの想いが、ひとつになる時…



『 Christmas Song 』 Gilbert O'Sullivan

nice!(43)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

幸せ [クリスマス・ライヴ]

『~ 幸せを探そう Tour Final 第一聖夜★サンタがknaveにやって来た ~』
『~ 幸せを探そう Tour Final 第二聖夜★トナカイもknaveにやって来た ~』

大阪・南堀江のライブハウス『 knave 』 での2日間が終了。

2日間とも別メニューのライヴは…

言葉ではとても表せない。

ライヴが終わるとまた、すぐに逢いたい…といつも思うのが、

この余韻に浸ったまま、消えてしまっても良い…

と思うくらい…。

これ以上の幸せは…

どこにもない…。



ステージの上も客席も、" 幸せ " を感じたひととき。

唄うことの幸せ。

音を紡ぎ出すことの幸せ。

音を楽しむことの幸せ。

一緒に口ずさむことの幸せ。

同じ時代の同じ空の下、同じ時間を共にする幸せ。

焦がれる人との時間を過ごす幸せ。

img_947209_19696475_0.jpg

" 幸せ " とは、実はいつも自分のすぐ近くにある。

普段気がつかない、当たり前になっていることが実は一番の幸せ…。

当たり前になっている日々の幸せを感じましょう…

小さな幸せを探しましょう…。


そう言って2010年の9月11日に始まった全国ツアー

『 幸せを探そう 』

ツアーファイナルで、沢田聖子ファミリーのみんなが見つけた " 幸せ " 。


nice!(51)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

光と影 [クリスマス・ライヴ]

☆12月10日
  大阪・南堀江 knave
   『~ 幸せを探そう Tour Final 第一聖夜★サンタがknaveにやって来た ~』
☆12月11日
  大阪・南堀江 knave
   『~ 幸せを探そう Tour Final 第二聖夜★トナカイもknaveにやって来た ~』

昨年の9月から始まった全国ツアーファイナルは、東名阪で各2days の X'mas ver. 。
今週末は大阪、来週末は東京、そしてファイナルは名古屋。
聖子さんは、すでに前のりで大阪入り。

自分は明日午後に大阪に入り1日目、一泊して2日目も。
2日目のライヴ終了後、東京行き最終新幹線に間に合わないため夜行列車で東京に…
月曜日の朝、東京駅からそのまま職場へ直行。
仕事も最高潮に忙しく、来週から更に最繁忙期を迎える中…
無理を覚悟で。

IMG_4810.JPG

どうしても逢いたくて…

どうしても2日間、逢いたくて。

貴女に逢いたくて。


光と影

青春時代とは違う光と影。

長い旅路の果ては、いつも輝かしい光ばかりではなく…。

照らし出された後ろ姿と、長く伸びる寂しげな影。


光と影

果てなく続く道は、いつも光と影。

いつ影に隠れて見えなくなろうとも、決して見失いはしない。


どんな時にも想うことは

ただ…

君に逢いたくて…



貴女に逢いたくて…




nice!(40)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クリスマス・ライヴ [クリスマス・ライヴ]

12月に入り、巷はクリスマスムード一色。
冬期の節電が叫ばれている中、消費電力の少ないLED照明があちこちに…。
今年の街中のクリスマス・イルミネーションは、どこか寂しげ…。

沢田聖子さんは、シンガーソングライターとしてデビューしてから随分長い間、
自身オリジナルの " クリスマス・ソング " という楽曲を持っていなかった。
タイトルや詩の内容、ワンフレーズたりとも " クリスマス " をイメージさせる楽曲がなく、
当時 「 聖子ちゃんのクリスマス・ソングが欲しいな… 」 とよく思っていた。

初めての自作クリスマス・ソングは、デビューから11年後の1990年のアルバム
『 See You Again 』 に収録された 『 ホワイト・クリスマス 』。
これ以降も93年発表の 『 海からの贈り物 』 に収録された 『 海と珊瑚とクリスマス 』
の他は、クリスマスソングはこれと言って見当たらない。

クリスマス・コンサートにおいても同様で、年間80本近いステージを踏んでいた時期でも
クリスマス・コンサートと銘打ったステージは、デビュー以来長い間なかった。
同じように 「 クリスマス・コンサートを演ってほしいな… 」 とずっと思っていた。

初めてのクリスマス・コンサートは、1984年12月22日の渋谷公会堂。
白のロングスカートに白のローヒールパンプス、滅多にお目にかかれないお淑やかな装いで登場。
この日のオープニングは 『 雪ひとひらに 』。
コンサート中盤には 『 サンタが街にやってくる 』 『 赤鼻のトナカイ 』
そしてオフコースの 『 Christmas Day 』 などを唄っている。
アンコール終了後も拍手が鳴り止まず、予定外のダブルアンコールとなったステージ。

当時コンサートチケットもアナログからデジタルに移行する過渡期で、
このクリスマス・コンサートのチケットも、当初は写真入りのアナログで準備していたが、
急遽デジタル印字形式のチケットに変更になった、という経緯がある。
一部のファンには、使われなかった番号の入っていないアナログチケットが配られている。

IMG_6964 (2).JPG

2011年12月の東名阪のツアーファイナルは、3か所すべて2days の X'mas ver. 。
各地ともに、2日間メニューを変えたステージを準備しているとのこと。
久しぶりにサポートのギタリストとのステージになり、リハに精を出している毎日。

東名阪すべて2daysというスケジュールは、沢田聖子のアーティスト人生で一度もなく、
しかもメニューを変えての2日間ということから、並々ならぬ意気込みが感じられる。

一昨年に独立して単身ライヴ活動を続けている頑張りが、ようやく実を結んできた…。

自分の演たい音楽、演りたいステージを、誰に縛られることなく…。



『 ホワイト・クリスマス 』
作詞作曲:沢田聖子 編曲:岡崎倫典

nice!(54)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。