So-net無料ブログ作成
検索選択

薩長同盟

NHK大河ドラマ『龍馬伝』は佳境に入り、ついに不可能と思われていた「薩長同盟」が締結された。

この時期の長州は藩の存亡の危機にあり、桂小五郎などは追っ手から逃れるために物乞いに扮して京都に潜伏していた。
元治元年、外国の列強四国との下関戦争に敗戦し、長州の国力は疲弊していた。
同年8月18日には薩摩と会津のクーデターにより京都から追放され、決死の覚悟で「蛤御門の変」を敢行。
京都御所の門に向って弓矢を引くという、当時の常識からは考えられない暴挙であった。
これにより、来島又兵衛、寺島忠三郎、久坂玄瑞らの重鎮が戦死・自害し、「朝敵」の烙印を押される。

また「池田屋事件」においては、尊攘派の会合中に「新選組」に急襲され、吉田稔麿、宮部鼎蔵、北添佶摩ら尊攘派の実力者を失っている。
更に幕府の長州征伐により、まさに窮地に追い込まれていた。

長州藩は、吉田松陰の「松下村塾」で学んだ多くの志士が活躍し、後の倒幕に関わっているが、もともと吉田松陰は先進的な思想を持ち、幕府からは危険思想の持ち主と見られていた。
その門下生の桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、吉田稔麿、入江九一、山縣有朋、品川弥二郎など、急進的な志士を輩出している。

特に「松下村塾の双璧」と呼ばれた高杉晋作と久坂玄瑞は、識・才に富み、弁才を備え、更に「燃える火の玉」と言われた抜群の行動力を持つ傑物であった。





薩摩と会津による痛手を被った長州は、履物の裏に「薩賊会奸」と書きつけて踏みつけにして歩いたとされる程に深い恨みを持ち、血の涙を流した…とも言われている。
戊辰戦争後も、その処理過程での遺恨が残っているとも伝えられている。

薩長同盟締結の際、ようやく双方が会合の席についたものの、どちらからも同盟の話が出ずに「飯を食っただけで終わった」という席が2~3回続いたという逸話もある。
坂本龍馬は西郷隆盛に、「今の長州から同盟の話を切り出せというのは、あまりに酷である。ここは薩摩から切り出してやらなければ…」と諭したという。


池田屋事件があった会合では、風の強い日を狙って京都御所に火を放ち、その混乱に乗じて中川宮朝彦親王を幽閉、一橋慶喜と会津藩主・松平容保らを暗殺して孝明天皇を長州へ連れ去るという計画であった。
まさに「燃える火の玉」

この計画が未遂に終わったことで、明治維新が1年遅れた…逆にこの事件により多くの志士が奮起し、維新が早まった…など、意見が分かれている。
しかしこの計画が実現していれば、京都御所はおろか、京の街まで火の海になっていたことを疎かにしてはならない。
京の庶民を巻き込む惨事になっていたことは、間違いない。
国を想う気持ちと、それを実現すべく方法の正当性は全く次元が違う。

一本気で猪突猛進の長州に対し、時流と政局を見据えた政策に徹した薩摩。
それぞれの立場で、幕末の動乱を乗り切ったことに変わりはない。

15代将軍・徳川慶喜は、維新後に語っている。
「長州に負けたのは仕方がない。しかし薩摩だけは、許せない…。」

それぞれの立場で、それぞれの国を想う熱い志が交錯する…
薩長同盟。

宝 物 [ライブツアー幸せを探そう]

来る9月11日、全国ツアー初日にリリースされる29枚目のオリジナルアルバム 『 宝 物 』 のジャケット及び収録曲がHPにて発表。

「 家族 」 をテーマとした全10曲からなる自信作。
昭和をイメージさせるノスタルジックなジャケット写真、直筆のやわらかいタイトル文字が、待ちわびたファンの心をかき立てる。
宝箱のふたが開けられるのは、もう目の前…。

大事そうに手にするギターは、愛用のヤマハ・コンパスではなく…
誰のギターか…

m_200793939.png

7月末に新会社「株式会社セイント」を設立し、ツアーTシャツも制作中とのこと…
もうエンジンは、フルスロットル
nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

そよかぜの中で [SMC時代]

『 そよかぜの中で 』
作詞作曲:沢田聖子 編曲:国吉良一

1988年6月5日 15枚目のオリジナルアルバム『 LIFE 』 収録。

イルカオフィスから独立し、結婚後にパーソナルオフィス「ショウコ・ミュージック・カンパニー」を立ち上げ、全作詞・作曲、そして自らアルバムのプロデュースを手掛けた1枚。

一度はステージにマイクを置き、「もう世に出ることはないだろう…」と思いながら日記のように綴っていた詩には、それまでにない"アーティスト沢田聖子" が…。

自分の意思とは違うところで事が運び、敷かれたレールの上を歩くことに疲れ、「とくかくこの場から逃げたかった…」とまでに追い込んだものは何だったのか…。

これほどまでに悲痛な叫びを綴った詩は、後にも先にもこれっきり…。

m_200757506.jpg

この楽曲では " 私 " という一人称が三度使われ、そのうちの2回は 「 わたし 」 と唄い、最後の " 私 " を 「 あたし 」 と唄っている。
他の楽曲においても「あたし」と唄っているケースは、一つとない。

デビュー当時から「沢田聖子の日本語は美しい」と定評があり、またNHK・FMのラジオパーソナリティーを務めていたこともあるため、公の場での日本語の使い方には慎重を期している。
特にヴォーカルにおいては、収録後に必ずチェックが入る。
日常会話では「あたし」と発音する…。

明らかに意識的に使った「あたし」…。

誰に向かって発した「あたし」…。

もう一度歩き出すために、想いの全てを吐き出し…

新たな決意を誓った楽曲…アルバム…。

誰のために唄った…「あたし」

再び独りで歩きだした…あたし。





''『 そよかぜの中で 』''

あなたとめぐり逢えて本当に良かった
この世の全てのものに感謝したい
見えなかった風景が目の前に拡がり
やがて優しい唄 くちづさんでいる

少し前までの私は
逃げる事ばかり考えてた
誰もかもが偉く見えて
生きるのがとてもとても怖かった…

頼りないちっぽけなガラスの自信なんて
強い風に飛ばされて砕け散った
殺風景な街に一人立ちすくめば
無責任な誰かの声が聞こえる

親切顔して企む
偽りの手に背中を押されて
踏み出す足に意思はなく
深い海の底へ底へと落ちて行く…

 裏切られて傷ついて
 そして放り出されて
 身体中どしゃぶりに 激しく打たれた

もう 何もできない
もう どこへも行けない
信じるべきものは何?
憎むべきものは何?
何もわからない
何もわからない
何も見たくない
何も聞きたくない
何も no no no
何も no no no …

そんな私にあなたは教えてくれたの
「だけど夢は捨てちゃダメさ」
季節は巡る

もしもいつかあなたが
何かにつまづいたら
一人で悲しみ苦しみ背負わないで
あなたのために唄う私がいることを
きっと忘れないでいて欲しい
nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日も眠れない

「 OLの教祖 」 とまで言われた、80~90年代を代表する女性シンガーソングライター 岡村孝子。

1982年ヤマハ・ポプコングランプリ受賞曲 『 待つわ 』 を引っ提げて、女性デュオ「 あみん 」 でデビュー。
この年の年間ヒットチャート売上第1位に輝いた、大ヒット・ソング。

「 あみん 」 の活動休止後、85年からソロ活動を開始し、CMソングにもなった 『 はぐれそうな天使 』 がスマッシュヒット。
87年 『 夢をあきらめないで 』 のロングセラーを機に大ブレイク。

クオリティーの高いアレンジと、等身大の女性心理を綴った詩がマッチし、20代の女性ファンのハートを鷲づかみにした。
きらめくライトの中の " あみんステップ " と呼ばれた朴訥とした唄い方も、その魅力の一端となった。

シンセサイザーとエレピ、シンセドラムの音が幾重にも織り重なり、聴く者を無限に広がる幻想の世界へといざなう…。
楽曲のエンディングは、永遠に終わることなく続くばかりに…

岡村サウンドの最高峰とも言える 『 KISS 』
ライヴサウンドでありながら、エンディングのアレンジ以外は、寸分の狂いがない程オリジナルに忠実。
その楽曲の完成度の高さがうかがえる。






学生時代、深夜のCVSのバイト先の有線で見つけた楽曲。
思わず仕事の手を止め、耳を傾けてしまった楽曲。
どこか寂しげな歌声とキーボードの音色、そして歌い手の心の叫びのような激しいドラム…。
まだブレイクする前だったため、バイト仲間に訊いても誰も知らない…。

何度か耳を傾けているうちに、「あみん」の片割れだ…と気づき…。
「 あみん 」 のどっちなのか、名前すら知らないままレコード店に走ると、
アルバムがすでに2枚リリースされている。
その楽曲らしいタイトルを探す…。
思い当たる詩が思い出せず、2枚ともレジカウンターに…

1枚目から順に聴いても、探している楽曲は流れてこない…。
アルバムには入っていないのか…と半ば諦め…。

やっと出逢うことが出来たのは、2枚目のアルバムの最後の楽曲…。
最後の最後に…。


''『 今日も眠れない 』''


探していたこの楽曲が、2枚目のシングル曲だったということと、
この楽曲に込められた想いを知るのは、もう少し後になってから…





ソロデビュー直後、悔しい想いをした日に、悔し涙を流しながら
「負けるもんか…」
と綴った楽曲だという…。

トップに立った者でなければわからない孤独…
引き潮のように離れて行く、後ろ姿…
傷ついた翼…。

道標のない道に迷い、気づけば、いつの間にか独りに…
眠れぬ夜を、何度過ごしたのか…。


輝く瞳を失わず、もう一度大きく羽ばたくために…

新たな決意を胸に…。

「負けるもんか…」


     ''闇が私を包む時にも きっと迷わない''

     ''輝く瞳だけは 失くさないで 生きたいから''

    ''いつの日か あの空を駆けめぐる鳥になる''







家 路 [浜田省吾]

『 家 路 』
1980年 浜田省吾6thアルバム 『 HOME BOUND 』 収録。

浜田省吾自身が 「 第二のデビューアルバム 」 と語っており、
浜田省吾がロックアーティストとしての道を歩き始めた重要作。
前年のCMソングの大ヒットの中、それまでの迷いと混乱の中でもがいていた自分と訣別し、自らの選んだ道を突き進み始める。

周りや時代の変遷に捕らわれることなく、ただひたすらに…。

「 終わりなき疾走 」 「 東 京 」 「 明日なき世代 」 「 今夜こそ 」など
珠玉の名曲が揃ったこのアルバムは、初期の傑作中の傑作。
荒削りなサウンドと疾走感は、後の浜田省吾の原点とも言える。

200790609.jpg

パーソナルオフィス 「 ROAD&SKY 」 の由来にもなっている 『 家 路 』
アルバムタイトル 『 HOME BOUND 』 と共に込められた想いは、若き日の浜田省吾の決意…。

周りに惑わされず、ひたすら自分の信じた道を歩き続ける…。
孤独を受け止め、どんなに遠くても、たどり着いてみせる…。


自分の音楽の原点に立ち戻る…

自分の生まれ育った故郷に戻る…

自分の初恋だった、Rock 'n' Rollに…

自分が生まれたところに…

家路に…。



      どんなに遠くても たどり着いてみせる
        
      石のような孤独を 道連れに
        
      空とこの道 出会う場所へ''





nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

祈 り single ver. [SMC時代]

1998年6月24日
 27枚目のシングル 『 PRESENT 』 のC/Wとして発表。

2001年5月23日
 24枚目のアルバム 『 祈 り 』 にリテイク版を収録。

m_200757518.jpg



''『 祈 り 』''
作詞作曲:沢田聖子

欲しいものは すぐ手に入り 満たされた気分になるけど
本当は買えないものが 私達には必要
愛が足りないと思いやりを忘れるね
TVは哀しい事件(ニュース)を伝えてる

…愛してる …愛してる あなたの事を心から
…愛してる …愛してる 愛こそすべての始まり

街角には人が溢れて 楽し気に自由を振りかざす
好きな事を選んでるのに この虚しさは何だろう
知らない言葉を ひとつ覚えるたびに
大事な何かを またひとつ失くしてる

…愛してる …愛してる あなたの事を心から
…愛してる …愛してる 愛こそすべての始まり

…愛してる …愛してる あなたの事を心から
…愛してる …愛してる 空も海も花も樹々も
…愛してる …愛してる 生命あるすべてのものを
…愛してる …愛してる 愛こそすべての始まり
nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

祈 り [SMC時代]

65回目の夏。

ライヴ遠征で広島に行くと、必ず訪れる記念公園と原爆ドーム。

通勤途中の男性が記念碑の前で、いつものように手を合わせる姿…

記念公園を歩きながら、爆心地の空を見上げる…

溢れる涙が、止まらない。

200511017.jpg

65回目の夏。

いつの日か…。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

がんばるけん!

1985年10月~1986年3月まで、TBSで放送されていた深夜テレビドラマ 『 冗談ストリート 』

三宅裕司率いる劇団 「 スーパーエキセントリックシアター 」 の団員が出演し、所属事務所アミューズのタレントも週替わりでゲスト出演した。
放送時間が土曜日深夜24時5分~25時32分という、当時としては異色の番組だったと言える。


『 さびしんぼう 』 で一躍映画女優として注目されていた富田靖子も数回に亘って出演し、ドラマの中でもタレントとして実名で出演し、富田靖子が実は " 双子 " だったという設定。
もう一人の " 富田靖子 " の存在を巡ってストーリーは展開し、女優として大きく羽ばたこうとしている富田靖子に、姉妹の存在を知られまいとして気遣う周辺…。

「生きている」という実感を求めて、富田靖子に夢を託す、もう一人の
" 富田靖子 " 。
女優の道を歩き続けて行く不安、迷いと葛藤しながら、周りに支えられて大きく育っていく富田靖子。
互いの存在を認め合い、それぞれの道を歩み始める。

現実の映画 『 姉妹坂 』 の出演決意を固め、再び坂道を登り始める、
女優・富田靖子。





現実とドラマの世界観がクロスオーバーした奇抜なストーリー展開に、富田ファンのハートは大きく揺さぶられた。
5枚目のシングル 『 君はシンデレラ 』 をリリースし、クランクアップした映画4作目 『 姉妹坂 』 のロードショー公開を目の前にし、その瞳は生き生きと輝いている。


もう一人の富田靖子からのメッセージのはずだったテープが、取り違えて手渡されてしまい…
劇中支えとなっていた三宅裕司のカラオケを聴きながら、
心が解きほぐされ、口にする博多弁…

''「がんばるけん!」''

そこには演技ではない、素顔の富田靖子が…





「がんばるけん!」

たくさんの人たちの夢を乗せて、映画 『 姉妹坂 』 へ…


絆・青春の光と影 [初期クラウン時代]

『 青春の光と影 』  作詞作曲:イルカ

m_200757469.jpg

''1981年4月25日''
沢田聖子2枚目のオリジナルアルバムのタイトル曲として発表され、デビュー30周年の2008年10月にリリースされたセルフカバーアルバム 『 Peaceful Memories 』 においてリテイクしている。

初期の最高傑作と評されているアルバムのオープニングに位置し、このアルバムと沢田聖子のシンガーソングライターとしての方向性を示す重要な楽曲となり、以降もステージで何度となく唄われ、今もファンの支持が高く、アーティスト沢田聖子にとって大切な楽曲の一つ。

デビュー当時、アイドル歌手として取り上げられ兼ねなかった沢田聖子に、シンガーソングライターとしての道を示した楽曲。
シンガーソングライターとして育てたかった想いを、楽曲を通して沢田聖子に伝えたとも言える1曲。

このアルバムとこの楽曲が無ければ、今とは違った沢田聖子になっていたかもしれない…。


''1983年9月20日''
イルカ13枚目のオリジナルアルバム『 LOOP CHILD 』 に、セルフカバーとしてB面の最後に 『 青春の光と影 』 を収録。
「 いのち 」 「 こども 」 をテーマとした楽曲がこのアルバムから見え始め、イルカ自身のアーティストとしての過渡期だった頃…。

イルカ版 『 青春の光と影 』 のアレンジを手掛け、ギター、アルトハープ、シンセサイザーまで演奏している巨匠・石川鷹彦氏が紡ぎ出す弦の響きは、天使が舞い降りて来るのではないかと思うほど…。
沢田聖子オリジナル版 『 青春の光と影 』 の世界を踏襲しながら、イルカ自らの世界観を詩とメロディーに込め、温かみのある仕上がりに…。

その完成度の高さは、言葉では表せない…。








レコード盤の歌詞カードにだけ綴られているイルカのコメントには、当時のイルカの、沢田聖子への深い愛と想いが込められている…。


女子美のフォークソングクラブにいた19才の頃作ったこのうた。

同じ年頃の沢田聖子ちゃんにプレゼントする時、タイトルがなく

て、そこであの頃大好きだった「青春の光と影」を想い出し、

あえてこのタイトルをつけたのです。



埋もれていた未完の名曲を " 愛弟子 " へのプレゼントとして完成させ、自らの想い出をも楽曲に込め…

19才の想いは、時を超えて…。
nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。