So-net無料ブログ作成
検索選択

変わらぬ想い

どこかで、普遍性を求めてしまう。


いつまでも変わらないものを…


求めてしまう。


いつまでも


変わらないでいてほしい…。




ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲

セレナード第10番 変ロ長調

『 グラン・パルティータ 』


7楽章からなり、演奏は約1時間を要する管楽合奏曲としては異例の作品。

” 息継ぎ ” が必要な管楽器だけで1時間近くの音楽を保たせるためには、

作曲家の才能はもとより、演奏家の並々ならぬ技量が欠かせない…


…らしい。



    51zfLC0SzmL__SL500_AA300_.jpg




その第三楽章

映画 『 アマデウス 』 で、サリエリがこの楽譜を読み、

モーツァルトの才能に驚愕した名場面でも有名。



冒頭のオーボエとクラリネットの旋律は

まるで天から天使が舞い降りてくるような…


何の才能もない凡庸な自分には

こんな陳腐なセリフしか出てこない。



初めて出逢ったのは大学生の時。

レコードを買いに走り、何度も聴き、

溢れる涙を何度も拭きながら拭きながら…

聴き入った。



楽器の繊細な音。


微かに伝わる…


息づかいにまで…




この涙は…

自分のどこの感情から溢れてくる涙なのか…

わからなかった。



そして


今もわからない…


どうしてなのか。



どうしてあの時と同じように


涙が溢れるのか。




今もあの時と同じ…


わからない。









レコードでは満足できなくて


生の音で聴きたくて…


管弦楽のコンサートの演奏を探しまくり


何度か聴きに行った。




ステレオからの音では気づかなかった


ファゴット、コントラバスの低音の響きに涙し…



おもわずホールの天井を見上げたことを憶えている…


何かが降りてきているような気がして…。





111112.jpg






その時にしか聴けない音が…


聴きたくて。



楽器や演奏者、時間も場所が変わっても…



その音に込められた想いは



いつか初めて聴いた時と同じように…



いつまでも変わらない。



そう



信じて。








ロンド形式の、さわやかでにぎやかなフィナーレが大好きです。



nice!(48)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 48

コメント 4

hatumi30331

お元気そうですね。^^
週末のコンサート巡りも・・・
楽しまれてるご様子。
この調子で・・・
今年の〆はどこになりそうですか?
また時々覗いてね。^^



by hatumi30331 (2014-10-26 13:54) 

don

第三楽章美しいですね。
鎮静されます。
by don (2014-10-26 21:35) 

きたがわさちこ

生のクラッシックは、胃に来ます。癖になります。^^;
古典もポップスも、ジャンルは違えど、やはり・・ライブですよね!
by きたがわさちこ (2014-10-27 16:01) 

さとし

なんだか聞いてみたくなりますよ。
by さとし (2014-10-28 21:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。